スポンサーリンク

IntelliInput のダウンロード

IntelliInput 2

▽Minecraft 1.8以降

IntelliInput 2.4 for 1.8 (Forge 11.14.4.1563以降)
IntelliInput 2.3.2 for 1.8.8 (Forge 11.14.4.1590以降)
IntelliInput 2.4 for 1.8.9 (Forge 11.15.1.1722以降)


IntelliInput 2.4 for 1.9 (Forge 12.16.1.1887以降)
IntelliInput 2.4 for 1.9.4 (Forge 12.17.0.1976以降)


IntelliInput 2.5 for 1.10.2 (Forge 12.18.1.2011以降)
IntelliInput 2.5 for 1.11 (Forge 12.18.1.2153以降)

※Forgeのバージョンは開発時に利用したものを表記しています。

▽そのほかのバージョン

IntelliInput 2.2 for 1.6.4 (Forge 953以降)
IntelliInput 2.2 for 1.7.2 (Forge 1012以降)

IntelliInput 2.2 for 1.7.4
Optifineと競合しません。(HD D1で確認)
IntelliInput 2.2 for 1.7.5
1.7.5版では、 本(本と羽ペン)には日本語入力できません。やり遂げる前に力尽きました。
1.7.4版、1.7.5版では、ゲーム中にウィンドウモードを切り替えると動作しなくなります。その際はゲームを再起動してください


IntelliInput 2.5 for 1.7.10 (Forge 10.13.4.1558以降)[推奨]
IntelliInput 2.3.2 for 1.7.10 (Forge 1160以降)(他MODの関係で古いForgeを使っている場合)


看板に関する修正

シングルプレイで、看板に日本語・字体の変更が行えるようになります。modsフォルダーに入れても使えません
※マルチプレイでは、font.txtを利用してサーバー側で対応させる必要があります。
※1.7.4~1.8.8では同梱されており、個別に導入する必要はありません。

SignFix for 1.6.4 Forge 965で動作確認。
SignFix for 1.7.2 Forge 1024で動作確認。※これを入れなくても、日本語だけなら利用できます。

導入方法は下のほうを見てください

インストール方法はページ下部をご覧ください。
※Forgeの表記があるバージョンでは、別途Minecraft Forgeの導入が必要です。

更新情報

IntelliInput 2.5(2016年11月25日)
  • Google 日本語入力を使用して文字を変換候補から選択すると、候補が閉じずに表示されたままになる問題を対策しました。
    (文字を確定した段階で候補が閉じるようになりました。「config/IntelliInput.cfg」の「extendedEndComposition」をfalseにすると従来の挙動に戻ります。)
  • Minecraft 1.7.10でも金床でカラーパレットが表示されるようになりました。
IntelliInput 2.4(2016年7月31日)
  • フルスクリーンモードとウィンドウモードの切り替え処理を変更しました。
  • 本のタイトル編集画面で文字を入力し、キャンセルした後に再度タイトル編集画面を開くと、タイトルを編集できずに署名されてしまうバニラの挙動を変更しました。(Minecraft 1.9以降)
  • 金床でカラーパレットが表示されるようになりました。(Minecraft 1.9以降)
  • 金床でアイテムを配置していないのにテキストボックスに入力できる問題を修正しました。(Minecraft 1.9以降)
IntelliInput 2.3.2 for 1.8.8(2015年11月27日)
  • Minecraft 1.8.8向けを公開しました。
IntelliInput 2.3.2(2015年2月24日)
  • 括弧((と{)の全角記号が半角に置き換わる機能が動作しない問題を修正しました。
IntelliInput 2.3.1(1.8のみ 2015年1月18日)
  • 色または特殊文字を選択した際に二重挿入されてしまう問題を修正しました。
  • 看板設置時に不要な文字が行頭に挿入されてしまう問題を修正しました。
IntelliInput 2.3(2014年11月30日)
  • ブラウザで予期せずページが更新されてしまう問題を修正しました。
  • 看板の文字数に関する仕様変更に対応しました(1.8のみ)
    (「config/IntelliInput.cfg」の「LegacyLengthLimit」をtrueにすると、1.8でも従来通りの文字数制限で処理できます。)
IntelliInput 2.2(2014年2月26日)
  • 看板でクリップボードからペーストできるようにしました。
  • 括弧((と{)の全角記号を半角に置き換える機能の追加(無効にするには「config/IntelliInput.cfg」の「sanitizing」をfalseに)
  • 1.7.2用の細かい使い勝手を変更しました。(テキストボックスへのフォーカスが外れている際はIMEを無効に)
IntelliInput 2.1.1(1.7のみ 2014年1月25日)
  • x86及びWOW64の環境で正しく動作しない問題を修正しました。
IntelliInput 2.1(2014年1月24日)
  • 変換後に文字を続けて入力した際に、一文字目が反映されないバグを修正しました。
  • x86及びWOW64の環境で正しく動作しない問題を修正しました。
IntelliInput 2(2014年1月16日)
  • 方式を見直し、プログラムの書き直しを行いました。

動作について

Windows Vista、7、8、8.1、10(各64ビット)で動作します。
※Windows XP~8の32ビット版での動作は確認していませんが、動作するかもしれません。

※二次配布(再配布)、ファイルへの直接リンクは行わないでください。
(IntelliInputの紹介は、上記のZIPファイル以外へのリンクでお願いします。紹介は自由に行っていただいて構いません。)

Q.MacやLinuxで導入すると動作しません / クラッシュします
A.Windowsの文字入力の仕組みに特化しているため、Windows上でのみ動作します。

Q.Mac版作ってください
A.Mac持ってません。
(勝手な紹介で申し訳ありませんが)他の方がMacでネイティブ入力できるMODを開発しているようです。

Q.ならLinux版作ってください
A.気が向いたら調べます

ライセンス表示

IntelliInput 2は、Apache License 2.0で提供されているJava Native Accessを利用しています。
Minecraft 1.8を含むそれ以前のバージョン向けには、Java Native Accessを同梱しています。

制約・注意

Google 日本語入力では、予測変換候補の表示位置が異なるほか、IntelliInput 2.4含むそれ以前では変換候補が表示されたままになります。

看板入力時にカラーパレットが表示されますが、確定時に修飾はすべて削除されます。(Minecraft 1.8.9で確認)
原因はサーバー側で削除処理が行われているためです。Moddingなサーバーでは正しく使えるかもしれません。

金床やチャット欄で、入力位置(キャレット)が右端にない場合、文字が正しく修飾されて表示されないことがあります。
原因は入力位置を境に修飾文字の効果が切れるためです。修飾結果を正しく見るには、入力位置を右端に移動させるか、金床の場合は完成品にマウスオーバーして結果を確認することができます。

サーバーへインストールすることはできません。(何も入れなくてもチャットはできると思います)

日本語を入力した際、完了ボタンなどが有効にならないときは一旦半角スペースなど別の文字を入力してみてください。

フルスクリーンでも動作します。
IntelliInput 2.3.2以前では、設定画面からフルスクリーンに切り替えたときや、フルスクリーン時にAlt+Tabでウィンドウを切り替えたときは正しく動作しない場合があります。
(F11キーを押すとIntelliInputを読み込ませようとするため)

看板での予測変換表示位置が通常とは異なります。

クリエイティブモードの検索で、候補リストがブロックの下に表示されてしまいます。

機能

日本語の入力

ほとんどの部分で日本語を入力できます。動作確認できないので分かりませんが、中国語とか韓国語とかも打てるらしい(?)

特殊文字入力(本・看板・金床)

画面右側に特殊文字のサンプルが出ます。クリックすると、その特殊文字が入力されます。
※金床はMinecraft 1.7.10(IntelliInput 2.5)とMinecraft 1.9以降の対応です。

インストール方法(1.6.4・1.7.2・1.7.10~1.11)

※要はダウンロードしたjarをmodsフォルダーに入れればOK

公式ランチャー

0.まず初めに、Forgeをインストールしてください。
1.上記から「IntelliInput 2」をダウンロードしてください。
2.「.minecraft」を開いてください。(Game Directoryを変更しているときは、変更先)
3.「mods」フォルダーに、ダウンロードした「IntelliInput-2.*-for***.jar」を入れてください。
4.公式ランチャーを起動して、Forgeが入ったバージョンを選んで起動します。
※以前IntelliInputを使用していた場合は、古いファイルの削除(または移動など)をしてください。

Minecraft Changer

0.まず初めに、Forgeをインストールしてください。
1.上記から「IntelliInput 2」をダウンロードしてください。
2.Forge導入済みのゲームを選択してください
3.「MODと高度な設定変更」(鉛筆マークの隣)をクリックし、MODとライブラリの編集を開き、拡張MODを編集をクリックします。
4.ダウンロードしたファイル(IntelliInput-2.*-for***.jar)をドラッグアンドドロップするか、+を押してファイルを追加してください。
5.反映して閉じるをクリックします
※以前IntelliInputを使用していた場合は、古いファイルの削除(または無効化)をしてください。

Magic Launcher

0.まず初めに、Forgeをインストールしてください。
1.上記から「IntelliInput 2」をダウンロードしてください。
2.ゲームを選んでSetupを開きます。
2.「External Mods」タブ(画面下部)を開きその横の「Manage」をクリックしてください。
3.開いたフォルダーにダウンロードしたファイル(IntelliInput-2.*-for***.jar)をコピーしてください。
4.External Modsに追加されているのを確認して、OKを押します。
※以前IntelliInputを使用していた場合は、古いファイルの削除(または無効化)をしてください。

JSONファイル書き換えについて

バージョン2から不要になりました。
書き換えたものを元に戻す必要はありませんが、気になる方は元に戻しても問題ありません。

インストール方法(1.7.4・1.7.5・SignFix)

Minecraft Changerでは、ダウンロードしたファイルを基本MODに追加するだけで使用できます。
公式ランチャー・Magic Launcherでは、Jar内にZIPファイル内のデータを上書きで入れてください。その後、META-INFを削除してください。
公式ランチャー・Magic Launcherでは、以下の引数追加が必要です。
-Dfml.ignoreInvalidMinecraftCertificates=true -Dfml.ignorePatchDiscrepancies=true

スポンサーリンク